2022年02月27日

Bob Dylan – Masters of War

こんばんは。ごきげんよう。高槻市沢良木町の樋口亜沙子ギター教室&樋口商店の樋口昌紀です。本日もたくさんのアクセス誠にありがとうございます。どんな方が、来られているのかは分かりません。やっぱりギター好きな方ですかね。詮索しても、どうしようもない事なんですけどね。日々進歩する科学、野蛮な事をタブー視するメディア、それで善良な人間が増えるはずがやっぱり戦争するんですよ。何名死亡したとか、軽く言いますけど身体はひきちぎられて、バラバラになってることでしょう。それが、自分の子供なのかも知れないのです。軍事施設にしか攻撃しない?極限の状況でそんな事が守られるのでしょうか。それを守る節度があれば戦争なんかしないでしょう。いったん冷却。ふ〜〜。僕はたまに子供に話しかけます。

「元気か?」

「うん。」

「ウソだけはつくな。」

「うん。」


Come, you masters of war
おい、戦争の親玉共
You that build the big guns
大砲を造るする奴ら
You that build the death planes
戦闘機を造る奴ら
You that build all the bombs
爆弾を造る奴ら
You that hide behind walls
壁の後ろに隠れている奴ら
You that hide behind desks
デスクに隠れている奴ら
I just want you to know
お前らに知らせておいてやるよ
I can see through your masks
お前らの本性などお見通しだ

You that never done nothin’
But build to destroy
破壊行為以外
お前らは何もしないよな
You play with my world
Like it’s your little toy
お前らは小さなおもちゃのように
俺の世界をもてあそぶ
You put a gun in my hand
お前らは俺に銃を握らせ
And you hide from my eyes
俺の視界から身を隠す
And you turn and run farther
When the fast bullets fly
そして銃声が響いたら
一目散に逃げていく

Like Judas of old
いにしえのユダのように
You lie and deceive
お前らは嘘をつき、欺いている
A world war can be won
世界大戦は勝てるんだと
You want me to believe
俺に信じさせる
But I see through your eyes
だけどお前らの視線も
And I see through your brain
お前らの考えも
Like I see through the water
That runs down my drain
下水の水(俺の小便)のように
透けて見えてやがるのさ

You fasten all the triggers
For the others to fire
Then you set back and watch
お前らは自分の引き金は固定しておきながら、
他人には平気で発砲させ
自分は後ろで眺めている
When the death count gets higher
死者の数が増えていけば
You hide in your mansion
お前らはお屋敷に身を隠す
While the young people’s blood
Flows out of their bodies
若者たちの遺体から
血が流れ出している間にも
And is buried in the mud
泥の中に埋められていく

You’ve thrown the worst fear
お前は最悪の恐怖を振りまいた
That can ever be hurled
Fear to bring children
Into the world
その恐怖が世界中の子供たちに
振りまかれたんだ
For threatening my baby
Unborn and unnamed
まだ生まれてもいない、名前さえついていない
俺の赤ん坊を脅かしている
You ain’t worth the blood
That runs in your veins
お前らに赤い血が
体に流れる資格は無いぜ

How much do I know
To talk out of turn
身の程知らずな
口をきいている事はわかっている
You might say that I’m young
お前らは俺をまだ若造だと言うだろう
You might say I’m unlearned
学が無いと言うだろう
But there’s one thing I know
Though I’m younger than you
確かに俺はあんたより若造さ
Even Jesus would never
Forgive what you do
だけど神様だって
お前らの事は許さないはずだ

Let me ask you one question
一つ訊きたい事がある
Is your money that good
そんなに金って大切かい
Will it buy you forgiveness
Do you think that it could
金があれば許してもらえると
思っているのかい
I think you will find
お前らはきっとわかるだろう
When your death takes its toll
お前らの死が代償を払う時
All the money you made
お前らが稼いだ金でも
Will never buy back your soul
魂は買い戻せないと

And I hope that you die
お前らは死ねばいいのさ
And your death’ll come soon
もうじきその時がやって来る
I will follow your casket
By the pale afternoon
薄暗い午後に
俺はお前らの棺桶についていく
And I’ll watch while you’re lowered
Down to your deathbed
お前らが葬られるところを眺めて
And I’ll stand over your grave
'Til I’m sure that you’re dead
お前らの死を確かめるまで
お前らの墓の上で見張っているんだ
posted by まさのり at 19:28| Comment(0) | 日記

2022年02月24日

みんなインドアで静かな家です。

こんばんは。ごきげんよう。高槻市沢良木町の樋口亜沙子ギター教室&樋口商店の樋口昌紀です。本日もたくさんのアクセス誠にありがとうございます。日付はとっくに変わっておりますが。なんていうのでしょうか、ウチはスーパーインドアファミリーでして、みんな家にいてそれぞれが好きな事をしている。そんな感じです。誰一人、アミューズメントパークに行きたがる事もなく、黙々と自分のしたい事をしています。僕の血が影響しているのかな、僕は生まれた時からスーパーリアル主義ですから、ウルトラマン、ゴレンジャー、ガンダム、スターウォーズどれもハマった事がありません。なんていうのかな〜受け身やん、遊園地とか、そういうところって。で、小学生の頃から「命を大事にしなさい。」と教育されていますので、あえて事故るかも知れないものにお金を払って乗るという構図が腑に落ちない。一体、道徳とは何だったんだね。と言いたい。「修学旅行は、、ディズニーランドだ〜〜!」って俺は全然嬉しくない。どうせ消費するだけやん。もっと古い遺跡や神社、仏閣に行きたい。仁王様や閻魔大王に畏敬の念を抱きたい。

20220223_190559.jpg
というわけで、本日は彫刻刀で消しゴムはんこ作り。静かです。集中しています。彼女らにとって一番身近な大人の男性は俺になるわけです。漫画描いて、ギター弾いて、ブログ書いて、これがスタンダードだとするとかなり少数派なのかもしれない。

20220223_192518.jpg
処女作。
樋口商店HOTな在庫https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキング←もうアカンか。最後まで読んでくれて、ありがとうございます。また、来てや〜(^^)/
posted by まさのり at 01:39| Comment(0) | 日記

2022年02月20日

胃カメラを飲んで来たぜ(鎮静剤ありのパターン)

こんばんは。ごきげんよう。高槻市沢良木町の樋口亜沙子ギター教室&樋口商店の樋口昌紀です。本日もたくさんのアクセス誠にありがとうございます。って日付は変わっている。また、雑記である。なんか雑記ばかり書いていると嫌気がさして、みんなどっか行ってしまうんじゃないか。と思ったりもする。でも、胃カメラには鎮静剤アリとナシのパターンがあるから経験者としてありのままに書けば、何かの役に立つかもしれない。なんて思っています。

20220219_084046.jpg
懐かしい〜小学生の頃、このマンションの2階の窓から入って、通報されたんです。(あ、自分の家ですよ。カギ忘れて、ミドリ楽器まで取りに行くのが面倒くさくて。)病院はこの道路を渡ったところです。あ、胃カメラ鎮静剤ナシの記事はこちらです。

20220219_091732.jpg
はい、土曜日の朝9時ですでに満員です。もちろん徒歩で行きました。しばらくで名前が呼ばれる。まず、のどの麻酔とかいう液体を飲み込まずに一分間耐えます。「はい、飲んで下さ〜い。」(めっちゃ、まずいです。)それから、診察室へ行きます。横になって鎮静剤の注射をされます。(結構、痛いです。)で体の左側を下にしてマウスピースを噛みます。ここまでは、鎮静剤ナシと同じ感じです。はい、登場しました、胃カメラです。漆黒のボディー、やっぱり太い。でも、今回は鎮静剤を打ってるから大丈夫さ!

「はい、入りますよ〜〜」

「ゲホッ ウグ!グググ、ガホ!」全然変わらへんやん!しかも今回は息が出来ない。カメラで息がせき止められている。苦しい。鼻でなんとか呼吸する。この辺りでやっと鎮静剤が効いたのか、少し楽になった。意識が飛んだ。

「はい、終わりますよ〜。」早速、先生と一緒に写真を見る。確かに潰瘍はなくなっていた。薬が効いたようだ。
「かなり、ひどかったからね。お疲れさん。」
 
「ありがとうございました。」

はい、感想といたしましては鎮静剤アリの方がいいかと思いますが、導入部の辛さは同じでした。鎮静剤で足がふらついたりする事もなく普通に徒歩で帰りました。でも、帰ったとたんに寝てしまいました。多分、薬のせいだと思います。確かに乗り物で行くのは危ないと思いました。総論、もう飲みたくない。
樋口商店HOTすぎる在庫https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキング最後まで、読んでくれて本当にありがとうございます。いつか、どこかで会おう!
posted by まさのり at 00:42| Comment(0) | 日記