2022年02月22日

フェンダージャパンSTの調整。

こんばんは。ごきげんよう。高槻市沢良木町の樋口亜沙子ギター教室&樋口商店の樋口昌紀です。本日もたくさんのアクセス誠にありがとうございます。最近、電話でのリペアお問合せも増えています。ま〜よく考えたら、高槻にアコギやエレキのリペア受けてくれる所ってないんですよね。で、ウチを選んでくれているのかもしれません。今はもう情報はいくらでも入って来るでしょうから、来られる前からいろいろ調べたんだろうなと思う事もあります。何でもそうですけど、情報にしたって玉石混合でございます。情報に振り回されて、損をするかもしれません。第一、ネット犯罪全般に言える事ですが、誰が書いたのか。これは、厳密に言うと現行犯逮捕しかなくないですか?もちろん「IPアドレス」で、どのパソコンから発信したのかはスグに分かると思います。(警察に行って、被害届を出せば。)でも、実際にタイプしたのは友達かも知れない、ゴーストライターかも知れない。たまたま入ったドロボーかもしれない。何が言いたいかと申しますと、情報というのは便利ではありますが盲信してはいけないという事です。ウソ半分くらいに思っておけばいいのではないでしょうか。そうすれば、LINEでいじめられても、「ま、所詮、LINEやしな。」で済みます。もっと、五感を研ぎ澄まして原始人で行きましょう。ってこれも樋口昌紀が書いたと誰が証明出来るのでしょうか?
 アカン、枕が長すぎる。タイトルのストラトはいつ出て来るねん。すんません。

20220222_153105.jpg
(撮影掲載許可ありがとうございます。<(_ _)>)
先日、アコギをお持ちいただいたのですが、ネックリセットしか処置法がなく残念ではございますがお客様と協議の結果、リペア無しで細めの弦でいたわってあげて下さい。となりました。とても良いギターでしたがチューニングしたまま、保管されていたようで材の変形、接着部の剥がれが多数見つかりました。今回はフェンダージャパンのストラトキャスターでした。メイプルワンピース、ワンプライピックガード、3点スイッチレバー、状態良いと思います。ネックは順反りしていますので、調整します。あと、3点レバースイッチを5点式に変更します。これで、ハーフトーンが出ます。このハーフトーンというのはとても便利で、独特の音色を楽しめます。ワタクシはエフェクターはオーバードライブしか持っていません。ゴチャゴチャするのが嫌で荷物も増えるので本当は要らないくらいですが、軽めのロックとかはやっぱり少し歪んでいる方が雰囲気が出るので持って行きます。ブルースしか弾かないんだったら、何も持って行かないと思います。ピックも使わないのでシールド一本で済みます。昔はネックにシールド巻いて、ケースもなかったのでそのままスタジオやライブに行きました。Mahcasterを入手してからは、ちゃんとケースに入れてます。ペラペラですけど。(;^_^A
 さて、ハーフトーンの何が便利かと言いますと、音量?音圧?の変化です。エフェクターがない代わりに、イントロやソロ以外のパートはハーフトーンにしておいて、ソロになったらリアピックアップにするだけで、音が抜けます。そこにオーバードライブがあれば、向かうところ敵なしでございます。
樋口商店HOTな在庫https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキング最後まで読んでくれて、本当にありがとうございます。これに懲りずに、また来てや〜(^^)/
posted by まさのり at 22:36| Comment(0) | ギターリペア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: