2022年01月13日

胃カメラ飲んで来たぜ。ハァハァハァ

こんにちは。ごきげんよう。高槻市沢良木町の樋口亜沙子ギター教室&樋口商店の樋口昌紀です。いや〜〜ほんまさっぶいですね。本日もたくさんのアクセス誠にありがとうございます。行ってきましたよ、胃カメラ。電動アシスト自転車KH1号機に跨り、野をかけるは疾風の如し。「今日も混んでまんな〜」でも予約してるし、ほぼ時間通りに案内されました。僕はビビりやから鎮静剤アリにしたんですよ。

「今日は何で来られましたか?」

「あ、自転車ですけど。」

「鎮静剤使うと丸1日、自転車、バイク、車の運転が出来ないんですよぉ」

「え、聞いてないし〜〜また来るの面倒くさいし〜答えは一つやし〜。」心の声

「じゃ、ナシで。」そんな事で動揺するものか、あっさりと鎮静剤を使わない決断をする潔い良い、そしてアウトローな男を演出した。

「はい、じゃあ横向きになって下さいね。」

images (2).jpg

「はい、マウスピースですね。噛んで下さい。」胃カメラが登場した。漆黒のボディー。先端はライトで光っている。思ったより太い。

「はい、行きますよ〜」看護師さんが背中をさすってくれている。

「グベホッ!!オゲェ〜〜!」え〜〜〜めっちゃ太いやん!アカン、アカン。

「はい、入っていきますからね〜」もはやえづく気力もない、まな板の鯉とはまさにこの事。よだれを垂れ流し、目は生気を失っている。先端が胃に来たのが分かる。痛い!グリグリしている。マウスピースが割れるほど力が入っているのが分かる。背中から大量の汗が噴き出している。「分かった!俺が悪かったよ。ゴメンナサイ。」←心の声。今までした事がない、すごい量のゲップが出る。ガホッ!

「はい、ゲップ我慢してね〜」おお、スパルタン。ドS…一秒がとても長く感じる。早くやめてくれ、これを抜いてくれ。とにかく痛い。それから、5分くらいグリグリして終わった。

「はい、お疲れ様でした〜」コーナーポストで真白になった矢吹ジョーのような俺。すごいよだれで、顔面及び髪の毛が濡れている。クツを履き、もらったティッシュで顔面を拭く。若いドクターの顔さえ、まともに見れない。
「食道がかなり荒れてますね〜」と写真を見せてもらう。就寝中、嘔吐で起きる事もあったが、胸やけで起きる事もあった。そりゃ荒れてるだろうさ。結果は22日だそうだ。漫画本を発売するまでは死ねん。あ、この記事が何かの役に立ったかって?これ以上、役に立つ胃カメラ記事を俺は知らない。
樋口商店HOTな在庫https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキング←おかげさまで4位まで来ましたよ!「胃カメラは、どんなに遠くても徒歩で行け。」また来てな〜(^^)/
posted by まさのり at 15:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: