2022年01月10日

YAMAHA 赤ラベルFG-150 リペア完了。

こんばんは。ごきげんよう。高槻市沢良木町の樋口亜沙子ギター教室&樋口商店の樋口昌紀です。本当に毎日チェックしてくれている人達よ。ありがとう、学もない、肩書もない、プロの物書きでもない我がブログへお越しいただきまして本当にありがとうございます。ワタクシが少しでも有名になれば、読者の方も鼻が高いってものですが「え?それ誰?」といちいち説明しなくちゃならないのもお手間でしょう。すいません。力不足でございます。
 と言っても現実は待ってはくれない。今回は名器ヤマハFG-150を復活させようという記事でございます。

20220110_145922.jpg
ネックの順反りがありましたので、ロッドが効くのか探ってみます。1970年辺りに作られたギターなのでロッドは回るのか?

20220110_150249.jpg
ここではパイプレンチが必要になります。これ入手は結構手間だと思います。僕はミドリ楽器時代、買い取ったギターについている付属品もキレイに保管しておりました。カポ、ストラップなどは中古でも¥500でよく売れました。そんなこんなで、パイプレンチはヤマハもギブソンも持っています。

20220110_150330.jpg
一度軽く緩めて、後は時計回りにゆっくり少しだけ回します。「ググっ」運よく回りました。

20220110_150558.jpg
ヘッドも磨くのでペグは外します。

20220110_150750.jpg
50年分の汚れを拭きとります。なかなかの思念ですが、もっとすごいのを見てきているのでフツーです。

20220110_150830.jpg
ひたすら拭きます。これが時間かかるんですよ、アコギはパーツが少ないからマシですがエレキはホンマにしんどい。基本、分解して各パーツを磨き上げて、また組み上げていきます。

20220110_151120.jpg
ツヤが戻りました。キュッキュッというまで磨きます。

20220110_152129.jpg
もちろんペグも磨きます。そういえばミドリ楽器時代は10時に出勤して、18時までギターを磨き上げる感じでした。いつも残業してましたけど。爪もボロボロになって、それでもお客さんを喜ばせたい一心で、テスコやグヤ、ビクターなんかをレストアしておりました。その頃はまだ、高槻にロックインがありました。何度も偵察には行きましたが、第二次世界大戦の日本と連合軍のような圧倒的な資金、物資、情報、立地の差がありました。「同じ路線では、絶対に勝てない。」ではどうするか、「一点限りのものを売ろう!」そう、決めました。新品ギターは入門用の¥9,800くらいのギターを一応おいておいて、後は全部中古にしました。しかも、「何これ?」と見た事のない深海魚みたいなギターを集めました。この作戦は当たりました。お客様が増えたのです。周辺小物もよく売れました。しかもミドリ楽器を愛してくれるお客様です。じゃあそれでハッピーエンドじゃないかとお思いになるかも知れませんが、その時の店長は実父である。まだまだ元気だったので、全権を譲ってはくれなかったし、最後の最後は俺を信用していなかったと思う。長なるから次行こ。

20220110_162046.jpg
どうですか、この面構え。退かぬ!媚びぬ!省みぬ!

20220110_153013.jpg
さ、フレットを磨きましょう。これはBIG BOSS新庄の歯みたいになるまで磨きます。

20220110_153219.jpg
かなり、めんどくさいですが大事な部分なので念入りに磨きます。

20220110_154246.jpg
フレットの磨きは終わりましたが、指板の汚れが落ちてません。ここの汚れは残留思念といいまして、前オーナーの魂が死にきれずに付着しているものと思われます。

20220110_154256.jpg
このレモンオイルと小さなスケールで、こそぎ落としていきます。

20220110_154758.jpg
では、ボディーを磨きましょう。高森 汚れとりつや之助が大活躍する場面です。

20220110_154831.jpg
見て下さい。この汚れ。油、ヤニでまっきっき。でもまだ、マシです。

20220110_155345.jpg
さて、弦を張りましょう。当然、エリクサーです。ここをケチるのがよく分からん。弦で音やタッチが変わります。よりアーティスティックにギターを奏でよう。

20220110_162035.jpg
はい。完成です。貫禄が出たでしょう、50年前のフォークギターですよ。

20220110_162046.jpg
まだまだ、現役ですね。傷も味わいとなります。

20220110_162117.jpg
材料もいいですね。

20220110_162140.jpg
光輝いております。弾いてみた感想。もちろん全部合板なギターなのですが、軽い力でもよく鳴ります。フラットピックなしでもいい感じになりそうです。和音がまとまっていて、ちゃんとマホガニー系の音がします。ネックは握りがいのある太さです。これで、またこのギターは誰かに弾かれる事になります。楽器にとって一番いい事は弾いてあげる事です。
樋口商店HOTな在庫https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキング←頑張ってます。最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。また、来てや〜
posted by まさのり at 20:17| Comment(2) | ギターリペア
この記事へのコメント
いつもお世話になります。
アコギのリペアありがとうございます。
ボロボロやったギターがめちゃめちゃ綺麗に仕上がって嬉しいかぎりです!
頑張って練習します!
Posted by 太田 at 2022年01月11日 11:41
太田様>こんにちは。いつもありがとうございます。とても良い仕上がりですよ。是非、弾きまくって下さい。アコギも楽しいもんですよ。
Posted by 樋口昌紀 at 2022年01月11日 15:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: