2021年11月30日

心の病気か、脳じゃない?

こんばんは。ごきげんよう。高槻市沢良木町にあるHOTなSHOP樋口商店の樋口昌紀です。ビックリするくらい無名ですけどね。僕が心の病になったのは19歳。大学一回生の時でした。ま、詳しくは書きませんけど、そこからはじまってますねん。特にパニック障害はずっと治らない。今は芸能人の方、有名人の方がやれパニックだ、ウツだ、PTSDだ。なんつってますけど、当時はそんな病名なくて「ノイローゼだね。」で終わりです。薬なんか飲んでも全く良くなんないし。「あ、積んだな。」と思ったら入院してました。大体、薬ってどこに効くのよ。心に効くの?やっぱ脳でしょ。脳のホルモン異常らしいから。で、2年前にもなんかおかしくなって、また入院したんです。抗うつ剤っていうのを飲むらしいのですが、それじゃ間に合わないと言って、点滴してました。「楽になりましたか?」残念ながら何も効かない。僕は脳に注射して欲しかった。「脳外科を探してくれ。」と病院の電話でカミサンにマジに頼んでいた。

20211130_090651.jpg
今も通院してるんですけど、薬飲むとむちゃくちゃ眠くなってシャットダウンするので、ギターが弾けない。ブログも書けない。だから真夜中に服薬してます。これ、僕説なんですけどパニックって自分の能力以上の事が起きる時に発症している気がするんです。例えば車、時速120キロで人間が走れますか?飛行機、いや飛べへんし。本当の真っ暗、など自分の命の危険を感じる正常な防衛本能だと思ってるんです。つまり、パニクッている人が正常で、平然と飛行機に乗っている人が鈍感すぎるんじゃないかと。あとジェットコースターなど、わざわざスリルを感じたいなんて「命を大事にしなさい。」っていう教育は何やったんや。それを修学旅行で達成する違和感。もっと研ぎ澄まされたハングリーな虎になれ!俺はそう思う。
樋口商店https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキングま、死ぬまでまだ時間はある。俺は1人でも叫び続ける。
posted by まさのり at 21:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: