2021年11月10日

ギターリペア、実際の流れ。

こんばんは。ごきげん麗しゅう。毎度、おなじみの樋口商店でございます。お客様が「樋口商店、樋口商店」と言って下さるのは非常にありがたい事なのですが、命名した本人が一番「なんで樋口商店にしたんやろ。。」と思っています。だって、まったくギター、楽器を連想させないですからね。でも、もう馴染んできているので。「ま、いっか。」とミドリ楽器を命名した親父のようになっております。はい、実際のリペアの流れですよね。まず、ウチを発見してもらわなければなりません。まず、考えられるのはインターネット検索で引っかかる。そして、HPにアクセスいただきます。ここまでは、僕らではどうしようもないので、縁みたいなもんですな。で、ウチを見つけたら、手っ取り早いのは電話1(プッシュホン)090-1130-2434樋口にいきなり電話しましょう。多分、その辺にいますから。ワンクッション置きたい場合はショートメールかmusicaguitar2009@gmail.comでメールしてみましょう。ザックリ症状などをお伝えください。で、お持ち込みの日時を決定します。弦の交換やクリーニングなどは樋口が担当しますが、ほとんどのリペアは松原工房さんにお願いしています。納期はなるべく余裕を持ってください。リペアをして行く順番や部品の発注などもありますし。でも、大がかりな塗装や接着がなければ10日足らずで終わる事もあります。

20211110_094825.jpg
はい。松原さんです。いつも見事なリペアで返ってきます。アコースティックからエレクトリックまで大満足です。(^^♪消耗部品を交換するとか、年に一度はメンテナンスもいいかも知れません。僕は4本のギターを所有していますが一本は作ってもらいました。残りのギターも全部リペアしてもらっています。
樋口商店在庫https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキングうお〜〜〜〜!闘気を感じる。風が変わったか。
posted by まさのり at 17:37| Comment(0) | ギターリペア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: