2021年10月31日

皆さんは残留思念という言葉をご存知ですか?

こんばんは。ごきげんよう。高槻市沢良木町16-45にあるギター処、樋口商店の樋口昌紀と申します。僕の髪型はもう仮装に近いので、毎日ソロハロウィンですね。読者の皆様、本日もたくさんのアクセス誠にありがとうございます。是非、ごゆっくりして行って下さいませ。本日はず〜と気になっていた樋口ギターのシャッターを掃除しました。

20211031_140657.jpg
「おっ!お持ち帰りチラシがなくなっている。」「即補給!」

20211031_141112.jpg
そうしてる間にこっちは水とタワシでゴシゴシ行きます。入居してから一回もやってなかったんです。

20211031_141917.jpg
か〜ちゃんのた〜〜めな〜らエンヤコ〜ラ。ヒナコのた〜〜めな〜らエ〜ンヤコ〜ラ。

自営業をなさっている方なんかは物件、テナント選びもたくさんされてきたと思います。ワタクシもたくさん見てきました。ま、小さな物件ばかりですが。そうすると、入居しては廃業、また入居して廃業を繰り返しているテナントがある事に気付きます。「そういえば、ここってスグつぶれるよな。」っていうイメージの場所。そこにあるのが残留思念なのです。希望に満ち溢れて脱サラ!一国一城の主!ところが現実は家賃でヒーヒー言いながら明日をも知れぬ我が身。初めのうちは来てくれていた友人も一人去り、また一人。そして人知れず廃業していく。まさに夢のあと。僕はテナントに入って、まず残留思念を確かめます。場所によっては年月が経ちすぎて人間一人じゃどうしようもないくらい溜まっている事もあります。僕たちの今のテナントはオーナーが全部改装してくれたので、中身の思念を感じる事はなかったのですが外ですね。シャッターにまだ残された思念を感じていました。

20211031_143202.jpg
見えますかね。これ、下手したら30年分の思念ですよ。思念とは汚れとは違う概念なんですね。この物件は築30年以上経っています。その間にいったい何人の人がここで、夢を見たのでしょう。そして、何人の方が廃業したのでしょうか。その思いが物件に付着するのです。

20211031_151630.jpg
何度も拭きあげて完成です。これからも、いい生徒さんといいお客様に巡り合えますように。その思いを込めました。そうです。これもまた残留思念となって行くわけです。
樋口商店在庫https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキング最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。また来てや〜(^^♪
posted by まさのり at 19:42| Comment(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: