2021年10月30日

シブいFenderストラトキャスター、PU交換の巻。

こんばんは。ごきげんよう。高槻市沢良木町16-45にある謎のリペアショップ&ギターショップ樋口商店。少年時代の純粋な心を持つ者だけにその姿を現すという。今日もまた、1本のギターがやって来た。アナタが高槻、茨木、島本などにお住まいで、近くにギターリペアしてくれるところはないかなぁ〜となったら、とりあえずググりますよね。で、近いだけでも駄目なんだわ。自分の大事なギターですから、適当なところには出したくないですよね。愛器を大事に丁寧にリペアしてくれるところじゃないとね。

20211030_170406.jpg
まず、カラーが絶妙にシブい。マリンブルー?なんか深いブルーで経年が入って状態いいです。「アメスタかなぁ〜」と思ったけどサドルがプレスタイプなので、「んん?」と思っていたら、オーナーの方が「highway1シリーズです。」と教えて下さいました。現行はラージヘッドですよね。マット(つや消し)フィニッシュにすることで価格を下げたモデルでした。ワタクシもテレキャスターを持っていましたが、キレイなまま売ってしまったので、今回のこの経年でシブくなったギターが何シリーズか分かりませんでした。それから、アッシュボディーなのですが軽量です。よく鳴りそうなマテリアルです。

20211030_170414.jpg
ピックアップの交換です。リンディーフレーリンですね。ワタクシのMahcasterもこれです。アッシュとメープルなので、Mahcasterと同じ仕様ですね。軽い分、Mahcasterより鳴るんじゃないかな。

20211030_170430.jpg
フェンダーをフェンダーと呼べるのはフェンダーだけだ。ジャパンでもないメキシコでもない。単にフェンダーと言えばいいのである。highway1シリーズは素晴らしいモデルだと思います。その昔、ギターを教えていた頃、これを買った生徒さんがいて内心スゲーうらやましくって眺めたり、ちょっと弾かせてもらったりしていました。あの子のギターも気合入ってきてるんやろうな。上手な子だった。
樋口商店リペア部門https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキングウチを選んでくれてありがとう。おおきに。(^^)/
posted by まさのり at 20:50| Comment(0) | ギターリペア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: