2021年09月10日

価格の不思議、人間の不思議。

こんばんは。ごきげんよう。かような小さなブログに本日もご訪問いただき望外の喜びに存じます。高槻市のミニミニギターショップ樋口商店の樋口昌紀と申します。どうぞよろしくお願いします。
 さて、もうすでにご存じの方もおられると思いますが、ワタクシの両親は45年ミドリ楽器を営業しております。ワタクシは20代をそこで、ピアノ調律とギター販売、ギター教室という日々を送っておりました。ギター関係、小物に至るまで、仕入れ、値付け、全てを任されていました。いわゆる商売の手伝いをしておりました。そんな時に、よく感じたことがあります。「人は相場で物を買いたい。」し、「相場より少しだけ安く物を買いたい。」そんな風に思う事が多うございました。こちらが「爆安にして喜んでもらおう!」と値付けをしても売れないんです。しょうがないから相場で値付けをすると売れるんです。これって、自分で目利きが出来ない人なんですよね。「これは、これくらいだろう。でなければ何かあるはずだ。」と判断するのですが、もちろん何の問題もない正規品です。これは価格が高くなればなるほど、顕著に表れます。

20210729_151556.jpg
新品は仕入れの事情もあり、そんなに値引きは出来ません。20%OFFくらいですね。つまり、どの楽器店も同じような値段になるんです。しかし、ウチは小さな店です。新品をズラっと並べる予算はないし、それは大手がやる事だと思っていましたから、中古品を主軸にしておりました。値段は私の自由自在でした。全部任されていたので。いつも安い物を探している人が、安すぎると買わないという不思議な現象が起こるんです。ギターでさえこんな感じですから、価格の高い物、車や不動産においてこの現象はもっと顕著になるでしょう。今から10年ほど前にフォルクスワーゲンのポロを¥98,000で買いました。車ですよ。私の場合は逆でした、車の事なんか何も知らないくせに買うんです。ま、その車は「うん、確かに¥98,000だ。」と納得しましたが。樋口商店の在庫は、そんな私が値付けをしています。「安すぎて心配だ。」と思う必要はございません。僕は純粋にいいものを安く買ってほしいなと思っているだけです。
樋口商店https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキング最後までお読みいただき感激です。また、来てや〜。(^^)/
posted by まさのり at 21:16| Comment(0) | ギター販売
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: