2021年06月08日

ミドリ楽器から仕事が来たぞ。

こんにちは。ごきげんよう。本日もたくさんのアクセス誠にありがとうございます。樋口商店の古物道具商、樋口昌紀でございます。「今日はヒマやな〜」なんて言っていると、いきなりギターが集まって来る。今回はミドリ楽器からの仕事です。親父が来ました。「ちょっと、痩せたか。」と言われました。親父も最近では賢くなって、まずオカンに電話をさせて、俺が出たら電話をかわるという手を使ってきます。こっちからしたら「あ、オカン。どうしたんやろ。」と思って出ると親父にかわる。そして必ず頼みごとをしてくる。「相変わらずやなぁ〜」と思って、頼みを聞く。
20210608_154345.jpg
ヤマハのギターでした。「弦高が高すぎるから、何とかして欲しい。」と言う。

20210608_154348.jpg
この楕円形オレンジラベルは全機種、弦高が高い。FG-201B、それこそミドリ楽器時代、何本も売ったギターです。まずネックの順反りがすごい。

20210608_154403.jpg
これで、トミー・エマニュエルを弾けたらその人は超人です。
順序としては、ネックの反りを直す。これパイプレンチがいるんですよ。ヤマハってほんといちいち面倒くさい。パイプレンチなんかコーナンで売ってへんで。それからサドルを削ると思います。そして弦をカスタムライトにする。

20210608_154426.jpg
フレットを磨いたらしいが、マスキングしてないんでしょうな。指板の道管にピカールが入ってしまっている。これも除去したい。ま、多分このリペアはタダでやると思います。親父も歳だし、家業ですから。
樋口商店https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキングたまには仕事じゃない電話もして来いよな。親父。
posted by まさのり at 16:55| Comment(0) | ギターリペア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: