2021年05月07日

さあ、ギターの弦を交換しよう!(左利き編)

こんばんは。ごきげんよう。毎度、お騒がせしております。樋口昌紀です。高槻市の音楽ルームより発信しております。
 さて、ギターの弦交換はクラシック、アコギ、エレキも大丈夫です。20分ほどで終わります。(フロイドローズは30分くらいかかるかも知れません。)今回はクラシック、珍しくレフティです。普通のギターと反対に張っていきます。
20210507_163237.jpg
弦は間違いなく死んでいます。

20210507_163252.jpg
練習の後、指板の塗料が剥げています。

20210507_163817.jpg
役目を終えた弦、燃えるゴミです。

20210507_163825.jpg
ボディーは涙で汚れています。(母談)そう、うちの子二人もギターが汗やら涙やらで汚れていました。専用のポリッシュで磨きます。

20210507_164003.jpg
ショートスケールでトップ合板なので、ボリュームアップを狙ってサバレスハイテンションです。

20210507_165033.jpg
反対に張るのは難しいものです。

20210507_165036.jpg
はい。キレイに張れましたよ。余った弦はきれいに切ります。ナイロン弦は良く伸びるので何度も何度もチューニングします。20〜30分ほどかかりました。¥2,200税込みです。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
樋口商店https://musica-guitar.com/guitarstock1.html

クラシックランキングおおきに。
posted by まさのり at 18:42| Comment(0) | ギターリペア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: