2021年04月13日

なんでYAMAHAヤマハが嫌いだったか。ピアノ編。

こんばんは。ごきげんよう。なんでヤマハが嫌いだったかっていうと、ヤマハピアノのバットスプリングコードがことごとく切れているからである。わたくしは、こう見えても12年間ピアノ調律師だったのである。腕は大したことなかったけど。今だったら、完全に一般の家に入れてもらえませんね。(見た目がヤバい。)そう、あれはご家庭に入って作業するし、何かと気を遣うので苦手だった。かといって学校や幼稚園に行くのも嫌だった。「誰?何で同じ音ばかり弾いてるの?」「おかしいんじゃない?先生に言いに行こう。」などもあったかもしれません。一度、中学校の音楽室に南京錠で閉じ込められた時は。「良かれと思って仕事してるのに、一体この仕事はほんまに必要なんか?」と虚しい気持ちになりました。バットスプリングコードっていうのはなんか短いヒモのパーツです。見事に切れています。カワイは好きじゃないけど、コードが切れているのはほとんど見たことがありません。
ダウンロード (84).jpg
こうして、220本ほどの弦を合わせます。ま、僕はほとんど素人みたいな者だけど、同じ年代でどっちがいい音するかってうと断然ヤマハなんだよな。枯れてるっていうか。響板がいいのかな。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/

クラシックランキングまだ、道具は持っている。
posted by まさのり at 21:46| Comment(0) | ギターリペア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: