2021年01月28日

さよなら僕のマカフェリの巻。

ごきげんよう。ご訪問いただき誠にありがとうございます。
 いきなりだが、あなたはジャンゴ・ラインハルトというギタリストをご存知であろうか。口に出すのも恐れ多い100年に一人の天才だ。と冷静に思う。その昔、僕はギターが上手くなりたかった。調べていくと、ジャンゴというものすごいギタリストがいる事を知った。ジプシースウィングやマヌーシュジャズなども同時に情報をインプットしていった。彼はほぼ2本の指で弦を押さえていた。火傷で薬指と小指が不自由になってしまったのだ。論より証拠。

このすさまじきギター。取りつかれたように彼のコピーをした。でもコピーをすればするほど、遠ざかるジャンゴ、まさしく光り輝くギターの巨星。僕みたいな凡人に何が出来るっていうんだ。ま、それでも時にコピーし、また諦めながら弾いてきた。そんな私のマカフェリギターが、
PIC_0280.JPG

PIC_0283.JPG

PIC_0292.JPG
これだ。
やっと手放す覚悟が出来た。人生は有限である。私の余生に付き合わすのにはもったいないギターだ。欲しい方おられましたら電話1(プッシュホン)090-1130-2434ショートメール可。気になるお値段は。。。今回はオークションにも出品していますので買い手がつけば、無理ですけど。(オークションに参加すれば買えます。)150,000税込みです。教本、CD多数おまけ。
樋口亜沙子クラシックギター教室販売部https://musica-guitar.com/

大阪府ランキング←ポチッとお願いします。
posted by まさのり at 17:13| Comment(3) | アコースティックギター
この記事へのコメント
平田さん、コメント誤って消してしまいました。できればまたコメント下さい。森田童子さんのやつ
Posted by 樋口昌紀 at 2021年01月28日 21:16
消してしまうこともありますね。

森田童子さんの曲で「さよなら ぼくの ともだち」
というのがあって、「さよなら僕のマカフェリ」
というタイトルと似てるな、という話でした。
Posted by 平田智章 at 2021年01月29日 11:18
コメントありがとうございます!
ホントですね。似てます。少し淋しいタイトルですね。何かを手放すと新しい何かがやってくる気もします。
Posted by 樋口昌紀 at 2021年01月29日 13:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: