2020年06月16日

なんか7月の教室が楽しみだ。

こんばんは。いつもご訪問いただき誠にありがとうございます。感謝しております。樋口昌紀でございます。さて、6月も半ば。梅雨に入って私の髪型はえらい事になっておりますが、あまり気にしないでおこうと思います。いよいよ7月から教室のスタートです。ありがたい事に、楽しみにしてくれているかたもおられ、こちらとしましてもいつもより気合を入れてやらねば。と思っております。
IMG_20200616_104918.jpg
科目はクラシックギター、アコースティックギター、エレキギター、ウクレレの4種類です。超初心者、ギターの事全く分からない方、大歓迎。どうぞお気軽にお問い合わせください。090-1130-2434です。ショートメールでも対応します。7月入会で入会金無料です。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/

大阪府ランキング
posted by まさのり at 10:53| Comment(5) | 日記
この記事へのコメント
姉妹で弾いてくれたらさぞ楽しいだろうなぁと妄想するが、妹は興味なし。歌って踊るのは好きなくせに、演奏するのは興味ないらしい。

ところで、ベートーベンの「トルコ行進曲」ってギターで弾ける?モーツァルトじゃないよ。あれ昔から好きで。遠い昔、ピアノの発表会で誰かが弾いてたのが、未だに記憶に残ってて。そう、私はピアノ派です。すみません。いーじゃん別に。
「みんな違ってみんないい」→金子みすゞ
Posted by やなぎー at 2020年06月16日 12:38
ギターでは聴いたことないな。ギターに編曲しにくいのかなぁ。ま、わたしもピアノ屋のせがれですからね。ってギター派ですけど。
Posted by 樋口昌紀 at 2020年06月16日 14:39
「改訂新版 ギターで弾くベートーヴェン」
http://www.chuoart.co.jp/book/b73877.html


弾くだけなら、どんな曲も弾けるでしょうね。
その曲の何を表現したいかが重要かと思います。

エレキのディストーションを愛している人が、ピアノでグリッサンドしても物足りないでしょう。

ピアノは、論理的にリズム・ベースとメロディを分離して演奏しやすいので、オケ曲を編曲して演奏するのが得意なので、花のワルツなどを弾きこなすと格好いいわけです。

トルコ行進曲をギターで演奏する実益は、ズンチャッチャッのリズムと、高音域の速いパッセージを同時にひくことができるという技術の誇示でしょうか?
(モーツアルト版はリズムとメロが一体なので単一楽器に向きますがクライマックスはさすがにベースが主張するのでピアノでないなら合奏向きです)

Posted by 平田智章 at 2020年06月18日 09:21
めちゃめちゃ詳しいですね。φ(..)メモメモ
Posted by 樋口昌紀 at 2020年06月18日 12:45
平田さん

すごい!
相当な手練れとみた。
Posted by やなぎー at 2020年06月18日 14:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: