2022年02月21日

やっぱりクラシックギターのすすめ。

こんばんは。ごきげんよう。高槻市沢良木町の樋口亜沙子ギター教室&樋口商店の樋口昌紀です。本日もたくさんのアクセス誠にありがとうございます。オリンピックも終わりましたね。僕は寒いの嫌やし、まず雪が似合わないので雪山に行った事さえございません。ギター弾いたり、漫画描いたり、自分ではそんな事ないと思っていたけどオタク気質かもしれん。ま、別にいいけど。そうそう、年末くらいからずっと弦を外しっぱなしにしていた、クラシックギターYAMAHA CG-170SAの弦交換をしました。何かのお役に立てばいいのですが。

20220221_175621.jpg
スプルーストップのギターで、20年前のYAMAHA台湾製です。弦はもちろんサバレス。

20220221_175652.jpg
安いギターのいいところ、その@グロスワックスで思いっきり磨ける。セラック塗装の楽器なんか気を使うだけで、日本の気候に合ってへんのと違うやろか。

20220221_181930.jpg
このセットは1,2弦はクリスタル、3弦はアリアンスです。さすがプレミアム。サウンド、タッチ、耐久性、全て申し分ない商品です。

20220221_182013.jpg
中古で買ったのですが、ペグが当時のゴトー製にグレードアップされていました。一回外して解体、クリーンアップして、取付穴もそのままだったので埋木をして再度下穴を開け直しました。

20220221_182140.jpg
やり始めると15分くらいで終わりました。安いギターのいいところ、そのA丈夫である。合板を使用しているので割れません。気候の変化にも強いです。気を遣う事なく、裸でスタンドに立てておけます。ただし、表板だけは単板を選びます。左がCG-170CA杉、右がCG-170SA松です。杉は¥7,000でした。で、なんで僕がクラシックギターをやめないかというと単純に楽しいんです。僕はクラシック音楽の愛好家ではないです。フィルハーモニーとかNHKでやってるオーケストラとか、ぶっちゃけ興味ありません。それより、もっと身近な存在としてクラシックギターを弾いています。簡単に言えば蝶ネクタイなんかつけたくない。名探偵コナンじゃないねんから。クラシックギターには確かに、アコギやエレキにも応用できるテクニックが満載だし、何年かは習った方がいいと思います。樋口昌紀、炎のギター教室も開講しています。「思いっきり宣伝してるやん!」と思われるかもしれませんが、ん〜〜宣伝っていうより「もっと上手くなれますよ。」って思うだけです。
樋口商店HOTすぎる在庫https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキング最後まで読んでくれて、ありがとうございます。これにて、失礼仕る。(^^)/
posted by まさのり at 22:18| Comment(0) | ギター教室