2021年12月17日

樋口商店は急に忙しくなる。

こんばんは。ごきげんよう。高槻市沢良木町の樋口亜沙子ギター教室&樋口商店の樋口昌紀です。本日もたくさんの方がアクセスしてくれてオジサンは嬉しい。しかし、いしだ壱成君はズルズルやなぁ。まず、禁煙やな。月に3万円て。一日2箱以上??もう肺逝ってますよ。一日に2箱いうたら、ほぼずっと吸ってる感じやね。ヤニ臭いで〜、身体から髪の毛から爪から、服から吐きそうな悪臭を放ってるやろうな。奥さん若いのに、よく耐えた。アンタはえらい。

 さて、本題に入ろう。困った人の役に立つっていうのが、一般的な、基本的な仕事の存在理由だと思います。例えば、髪の毛を切りたい。困った、自分じゃ出来ない。だから、散髪屋がある。お腹がすいた、本格中華を食べたい。自分では作れない。じゃレストランに行こう。といった具合に問題を解決してくれる事象を仕事と呼ぶのである。食っていけないバンドマンは、もっと頭が禿げるほど考えないと。「俺の音楽を欲しがってるやつはいるのか、俺の音楽で誰かを幸せな気分に出来るのか?」俺の音楽にこだわるのはいいけど、需要がなければ仕事にはならない。芸能の世界で食べれる人間は、お客様が何を求めているかを毎日、毎日、真剣に考えているのだと思う。自分のこだわりなんかとっくに捨てている。
そうそう、そんなこと言うてる場合やないねん。ミドリ楽器から電話「ウチにギター持って来てはるから、そっち行ってもええか。」お客様はまだミドリ楽器に行ってしまうんやな。流石の知名度。まぁ親父頑張ったもんな。もちろん、「今からどうぞ!」一瞬で着替えて、樋口商店沢良木町へ急ぐ。

20211217_165547.jpg
早速、持って来てもらいました。ペグが空回りするみたいです。ペグを交換する事にしました。「¥5,000〜¥6,000の仕事じゃないっすかね。」と言ったら「え〜〜他の楽器屋さんに行ったら一万円以上かかるって言われたんですよ。」今日はどこの楽器屋か聞かれへんかったけど、納品の時にじっくり聞いてみよ。

20211217_165552.jpg
「多分、あそこやろうな〜」とは思ってます。でも、そんな事したらアカンで。大切な事は誠意、誠意に尽きる。
樋口商店https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキング最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。また来てな〜(^^)/
posted by まさのり at 23:03| Comment(0) | ギターリペア