2021年12月07日

やっぱり弾きたい!アルハンブラ宮殿の思い出

こんばんは。ごきげん麗しゅう。高槻市沢良木町の樋口亜沙子ギター教室&樋口商店です。お世話になります。わざわざ当ブログへようこそおいで下さいました。感激しております。11月18日から一応ギター教室も復帰してるんですけど、あんまりアピってないから生徒は安定の0人です。(;^_^A まあ来年からでもええかなとも思っています。クラシックギターで弾きたい曲といえば、やっぱりアルハンブラ宮殿の思い出ですかね。分散和音と歌うが如きトレモロのメロディーが織りなす名曲です。今、タレガの本を読んでいますが、とんでもない天才だったみたいです。そして、考えられないくらい練習していたそうです。眠くならないように、冷水に足をつけて練習していたそうです。私たちは簡単にこう言います。「難しいなぁ、なんで弾かれへんねやろ。」と。答えは明瞭です。練習不足なんですよ。500回は弾かないと分からないそうです。近道はないっちゅうワケですな。


この人もまだ全然弾き込んでないし、当然ミスも多いです。カメラで撮影されているので緊張しています。しかしながら曲の出始めイ短調の感じは、才能の片鱗を感じます。十分なスピードが出ています。フォームはまだまだ改良の余地はあります。楽器ももう少し大きなもので、グレードアップされたらいいと思います。去年ワタクシが山籠もりをしてしまい、曲の完成形を聴けないままです。今年はずっとシャバに出る事が出来ました。来年はもう少し働きます。どうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/
樋口商店HOT在庫https://musica-guitar.com/guitarstock1.html

ギターランキング←ポチッとありがとう!4位に浮上しましたよ!(^^)/
posted by まさのり at 23:40| Comment(0) | ギター教室

我が家のカブトムシ君の近況。

こんにちは。ごきげんよう。試しに樋口昌紀をググってみた。結構出て来た。ブログやYOUTUEも出て来た。悪い事は出来まへんなぁ。はい、というワケで高槻市沢良木町のヒグチーズです。どうもお世話になります。いや〜今年ももうちょっとで終わりですね。僕は2018年からフラフラの人生になってしまったので、今年はまだマシな一年でした。入院もなかったし。それだけでも評価に値します。来年も懲りずにブログに来てな〜(^^)/

20211207_131750.jpg
久しぶりのお散歩です。全っ然動かへん。夜行性だから明るい時は動かないんですかね。

20211207_131852.jpg
たまに、カブトムシ君の体温を感じている。なかなか放してくれません。最後は俺が看取ってやるからしんぺいすんな。
樋口商店HOT在庫https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキングみんな〜〜!今日だけランキングボタン押してね〜樋口亜沙子ギター教室&樋口商店で首位を目指しましょう〜!(^^)/
posted by まさのり at 14:10| Comment(0) | 雑記

Headway(ヘッドウェイ) HD-115 弦高調整で気をつける事。

こんにちは。ごきげんよう。高槻市沢良木町にあるギター教室とリペア・販売のHOTSPOT、樋口亜沙子ギター教室&樋口商店です。なんか長い名前ですけど、とにかくギターの困りごとはここで解決出来るというワケです。先日、漫画を描いていた時にテレビがついていたのですが僕は背中を向けておりました。音だけが聞こえる状態でした。すると、聞き覚えのない声がたくさんあって「これ、何見とんねん。」と振り返ったら、サザエさんでした。いや、声優さん変わりすぎやろ。音だけで聞いてたから余計違和感があったのかも知れません。特に花沢さんはひどい。
 はい、というワケで本題に入りましょう。先日、ヘッドウェイのフレット交換をご依頼いただいて、とても喜んで頂きました。記事はコチラです。そのお客様はなんと4本もヘッドウェイのDスタイルを所有されており、本日HD-115をお預かりしました。弦高が低すぎてバシャバシャ鳴るという事でサドルを交換をする事になりました。

20211207_095004.jpg
このギターは1977年から1980年代前半に作られたHD-115の復刻版として2000年に128本だけ製作された中の一本です。もちろんシリアルナンバーが刻印されております。もはやレジェンドの百瀬恭夫氏が製作しました。
 この当時、ワタクシはミドリ楽器で働いていました。ディバイザー大阪支店の方がよく来られてました。ミドリ楽器はビギナーギターとUSEDギターがメインだったので仕入れた事さえありませんでしたが、僕はディバイザーさんが置いて行ったHD-115のポスターを穴が開くほど見ていました。「これいいんやろなぁ」と。当時、ディバイザーさんでよく仕入れたのはバッカス、あとはユニバースシリーズのアコギですね。よく売れました。

20211207_095848.jpg
確かにサドルが低いですね。前のオーナーが削ったんでしょうね。弦高を下げたい気持ちはすごくよく分かるのですが、弾き易さの代わりに、音量、音圧を失ってしまいます。アンプで鳴らすエレキギターならまだしも、生で弾いてナンボのドレットノートなので慎重に調整して下さい。このHD-115はネックの反りに永久保証を付けています。アジャスタブルロッドは入っていません。弦を緩めるとわずかに逆反りになっています。これは多分、計算だと思います。ライトゲージを張れば真っすぐになるように製作されているのです。6弦3ミリ、1弦2ミリくらいになるはずです。Dスタイルのギターはその名の通りデカいんです。表板は特選スプルースでサイド・バックはローズウッドです。どっしりした腹に響くゴーンという低音を出すには、12フレットで6弦3ミリは欲しい。1弦は2ミリ。これでドンシャリサウンドが出ます。このギターの感想言っていいですか?素晴らしすぎて、ため息しか出ません。今の状態6弦2ミリ、1弦1,7ミリでも極鳴りですよ。マーチンのD-28と同じ仕様ですが、こっちの方がいいんちゃうかな。か同じくらいか。これ20万円以下で売ってたら絶対買ったほうがいいです。128本しかないので入手困難だと思いますが。

20211207_095057.jpg
高級感のあるヘッド、ペグはオープンバックです。こうして本物に接するうちに古物商の目利きが鋭くなります。マーチン、ギブソンはたくさん弾いたけどHD-115は弾いたことがなかった。70年代のHD-105は所有しておりましたが、サイド・バックは合板で量産モデルでもあったためそこまで感動はしませんでした。

20211207_095038.jpg
有名なラベル。紛れもない名品です。ズシっと重たくて頑丈なギターです。

20211207_095046.jpg
これはフィンガーボードもブリッジも本黒檀ですね。スノーフレークがつつましやかで美しい。現行モデルはフィンガーボード、ブリッジともにリッチライトです。多分、いい黒檀がなくなってるんでしょうね。ギブソンもリッチライトですし。とにかくヘッドウェイギターの完成度に息を飲みました。とても立派なホームページがあります。サドルを上げたらとんでもない音が出るでしょうね。はぁ〜カッコええ。
樋口商店HOT在庫https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキングやっぱり低音出すにはDのローズウッドやな。ホントに出色の出来です。タマランチ会長。(^^)/
posted by まさのり at 11:27| Comment(0) | ギターリペア