2021年09月14日

僕は何でもタダが嫌いなんだ。だから税込¥100だよ!

こんばんは。ごきげんよう。いつもアクセスしてくれてありがとうございます。ブログは面白いですか?よくよく考えると本当に不思議。僕(筆者)が有名人なら分かるんです。そりゃ見たい人もいるでしょう。しかしながら、ワタクシは全くの無名。その辺のオッサンであるにも関わらず、毎日読みに来てくれている人がいるという事象は、よくよく考えるとあり得ない事なんですね。でも、嬉しいですよ。だから、僕は読者の方は宝物だと思っています。身に余る光栄に存じます。
 さて、僕はタダというのは嫌いというか、良くない形だと思っています。タダって価値がないって事ですから、そんな価値のないものをあげたり、もらったりするのがなんかこう腑に落ちないんですね。そういう訳でございますので、KORGのチューナーとメトロノーム一緒になった優れものTM-40(中古品、動作確認済)を¥100で販売します。大丈夫です。税込みです!
 昔、とあるたい焼き屋が「99円だよ〜たい焼きが99円!)と大きなアナウンスをしてたんです。で行って見たら「¥108円です。税別なんで。」だって。(もちろん買ってないけど)よくそんな鬼のような事が出来るなと思いました。小学生が¥100玉握りしめて来たらどうすんねん。ま、城西町のコーナン1Fやけどな。また、話がそれてしまった。悪いクセである。

20210914_164903.jpg
¥100税込みです。

明日、9月15日、AM10:00より販売開始します。早い者勝ちですよ。090-1130-2434樋口まで。¥100税込みです!チェケラッチョ!
樋口商店在庫https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキング待ってるで〜(^^)/
posted by まさのり at 19:38| Comment(0) | ギター販売

ブログってなんなんだ。

なんにもない なんにもない まったくなんにもない

生まれた 生まれた なにが生まれた

ブログが一つ 暗いWebに生まれた

こんにちは。ごきげんよう。高槻市で楽器業25年、樋口商店の樋口昌紀です。こう見えて、ピアノ調律師でした。こう見えて、高槻市立中学校の音楽の時間にギターを教えに行ってました。こう見えて、中学校の音楽の先生たちを集めたワークショップ(ギターの教え方を教える)を担当していました。こう見えて、公益社団法人、日本ギター連盟グレード2級です。(微妙)
 そんな事はどうでもいいんですよ。そうブログって何だって考えた時、よく「日記のつもりで、軽い気持ちで書くといいよ。」という風に考えがちですが、日記とブログは全く違います。日記は誰にも読まれたくないもの。引き出しに入れてカギをかけるもの。一方、ブログは誰かに読んで欲しいもの。そう、Webという真っ暗などこまでも広い、まさに宇宙のようなところにアナタのブログは生まれる。それは、誰も知らない。意地悪とか無視してるとかじゃなくて、本当に誰にも知られていない状態からのスタートだ。記事を書けど書けど、全く手応えはない。当たり前である。誰も知らないのだから。暗闇にパンチを打ち続けているようなものだ。                               僕はこの樋口商店ブログの読者をほとんど知らない。数しか知らない。10年くらい前にブログをはじめた。読者の数が多いに越したことはないが、一番大事な事は深いかどうか。正直かどうか。本気で真剣に書き続けていると、いつか誰かが見つけてくれる。でも、見つけてもらうために記事を書くのではない。己の真の姿をさらけ出す事。誠実にウソのない記事を書く事。読者がたった一人でも、書く意義はある。0と1は激しく違う。だから、数なんか気にしないで無心でパンチを打ち続ける事。この広いWebに本気のパンチを打ち続ける事。「いいわね。」というのは「どうでもいいわね。」って事である。読み手に不快感や嫌悪感を持たれる方が、まだマシだ。「どうでもよくないわね。」って。つまり、それは人の心を動かしたんだ。

樋口商店在庫https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキング最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。<(_ _)>
posted by まさのり at 16:08| Comment(0) | 日記

SAVAREZ(サバレス)にアコギ弦があったとは!

こんにちは。ごきげんよう。「高槻って楽器屋さんってないっすよね〜」という声をよく聞きます。確かに大手ショップはないですね。例えば石橋楽器とかイケベ楽器、三木楽器など。島村楽器すらありません。これだけジャズで推してる街なのに。人口も35万人、大手が1つくらいあっても良いと思うのですが。めっちゃ昔(多分25年くらい前)にロックインがありましたが、閉店してから大手ショップは一回もOPENしてません。樋口商店は在庫は少ないかも知れませんが、コスパにこだわった少数精鋭でございます。樋口商店在庫あと、リペアこれが一番大きい。大手にリペアなんか出すと、もう誰が担当でどこに持って行っているかさっぱり分かりません。納期もハッキリしないし、初心者にはなめてかかって来るし。担当者とかいう者がすぐに辞めてるし。リペアだけは樋口商店でやりましょ。見積もり、納期、仕上がりすべて明確です。担当者、死ぬまで辞めません。
 さて、すっかり前置きが長くなってしまった。読者の皆様、本日もたくさんのアクセス誠にありがとうございます。クラシックギターではサバレスの弦しか使用しない自分ですが、なんとアコギ弦もあったんですね。こちらです。結構高いですね。使った事がないので何とも言えませんが、アコギがメチャクチャ好きな名プレイヤー曰く。「すごい、いいよ!」らしいです。普段はエリクサーを使用していますが一回、試してみてもいいかもしれませんね。

20210914_123252.jpg
パッケージがいいね!オフロードなアコギ魂を感じます。

20210914_123259.jpg
ガットギター弦で圧倒的なシェアを誇る老舗フランスメーカー『サバレス』がアコースティックギター弦を開発。 生産後、劣化が始まっていくのが弦の弱点でしたが、特殊なパッケージングを行うことで、工場から出来上がったばかりの新鮮な状態をキープし強靭なロングライフを実現しました。(メーカーより)試してみる価値はありそうですね。
樋口商店在庫https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキング最後までお読みいただき、感激しております。<(_ _)>
posted by まさのり at 15:15| Comment(0) | ギター販売

Collings(コリングス)アコギの弦高を下げたい。

こんにちは。ごきげんよう。高槻市のホットスポット、ミニミニギターショップ樋口商店の樋口昌紀と申します。読者の皆様、お世話になります。本日もたくさんのアクセス誠にありがとうございます。樋口商店ではギターのリペアも受け付けております。アコギ、エレキ、クラシックなどお客様のご要望に沿った丁寧な仕事でご満足いただいております。ワタクシ自身も他にリペアを出した事は1回もありません。
 さて、今回はアコギの弦高を下げるというものです。「サドルを削ればいいだけだろ。」と簡単に考えてはいけません。音量がなくなったり、ビビりが出たり、弦高を下げるリペアはとても繊細で難しい事なんです。

20210707_121737.jpg
Collings(コリングス)ギターをご存知ですか?50万円〜100万円もする高級ギターです。実際に軽くハイポジションを弾いてみる。確かに高い。12フレットの数値以上の高さを感じる。これは、弾きにくいだろうと思います。

20210707_121716.jpg
しかし、音は最高です。オープンコードを弾くだけで、めっちゃゴージャスなサウンドです。

20210707_121952.jpg
これで、プレイアビリティが上がれば一生モノのアコースティックギターになると思います。10日ほど入院予定です。お客様のギターにはキズなど付かないように細心の注意を払っております。お写真も許可をいただいたものだけをアップロードしております。是非、本当のプロのセットアップを受けてみて下さい。アナタの楽器の最大のコストパフォーマンスを実現させます。(^^♪
樋口商店在庫https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキング最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。(^^)/
posted by まさのり at 14:28| Comment(0) | ギターリペア

最近、積極的な彼女。

こんにちは。ごきげん麗しゅう。すっかり秋ですなぁ。大阪府高槻市沢良木町の樋口商店よりお届けします。読者の皆様、本日もたくさんのアクセス誠にありがとうございます。どこの誰が読んでくれているのか分からないのですがやっぱり近場の人が多いんですかね。さすがに外国で読んでる人はいないでしょうね。一日に何回かチェックされてる方もいらっしゃるみたいで、ほんまに嬉しいですわ。ブログ冥利に尽きます。
 さて、何があったのか長女が「ギター練習しよう。」と言うようになりました。3歳から弾いてもらってるのですが、やっとエンジンかかった感じですかね。6年かかってますね。でも「もう、やめるか?」と聞くと首を横に振り、泣きながら「やる。」と言って弾いていた時期もありました。だから、ギターが涙の痕でメチャクチャ汚れています。発表会までの日数を考えると、そろそろ弦も換え時なのでその時にクリーニングしておこう。ピッカピカのギターで舞台に立ちたいよね。生徒さんもそろそろ弦の交換を亜沙子先生にお願いして下さいね。万全な準備で、それぞれ悔いのない演奏をしましょう。(^^)/
 そんな彼女が「YOUTUBEにあげよう!」と言ってきました。「ほ〜珍しい。今まで乗り気じゃなかったのに。」ま、子供はすぐに大きくなるから思い出に撮っておこうと思いました。彼女のはじめてのビブラートが聴けます。


いい音で弾きよる。ギターは580mmのペペギターです。今、4年生でピッタリですね。6年生か中学生になったら650mmにしたらいいと思います。
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/
樋口商店在庫https://musica-guitar.com/guitarstock1.html

ギターランキング最後までお読みいただき、ありがとうございます。「娘よ。。ありがとう。」(^^♪
posted by まさのり at 11:16| Comment(0) | ギター教室