2021年06月25日

「弦がビビります。」フェンダーメキシコ編。

こんばんは。ごきげんよう。本日もたくさんのアクセス誠にありがとうございます。樋口商店、古物道具商の樋口昌紀でございます。「ギター修理のお客さんが来てるねんけど。」とミドリ楽器(オカン)から電話が入る。やっぱりまだ、ミドリ楽器に持って行っちゃうんだな。「じゃあ30分後に樋口商店に来る事は出来ますか?」と僕が言うと、「さっき、行ったら閉まってたので。。」「すんません!休んでました。ダッシュで行きます。」子供たちが留守番出来るようになって来たのは大きい。「ちょっと行ってくる。」

「修理のお方?ごめんなさい。」もう待っておられました。

ギターはフェンダーのストラトキャスターで「4弦だけビビる。」と症状を聞いていました。
20210625_170823.jpg
んん〜〜カッコいいギターだな。

20210625_170831.jpg
メキシコ製である。僕はジャパンよりメキシコが好きだ。本物により近い感じがする。マジマジ見る。

20210625_173649.jpg
ネックは真っ直ぐで、ビビっている。弦高を見ると、すでにフレットに当たっています。サドルが低すぎるのです。こういう時は6角レンチです。メキシコなのでインチサイズ、インチイサイズ、あれ。ない。オーマイガッ!ない!「あの〜ギターに付属してませんでしたか?」「あ、家にあるかも。」幸い、お家は近くだそうです。「すんません、6角レンチと弦をお持ちでしたらそれもお願いします。」とお願いしました。 
 その間にワタクシは弦を外し、ジャックの緩みを直しました。「あ、そうだフェンダーUSAのケースに入っているかも。」とここで閃いた。遅い。キー−ッ彼が帰ってきました。「ありました!」「こっちもありました!」ま、でも弦交換もしないといけなかったので良しとしよう。(インチサイズの6角レンチ買っとかないと。)
20210625_173641.jpg
アームは使わないのに、かなりフローティングしておりましたので、そこもいじる。はい。完了です!なんか彼に悪いなぁ〜と思ったので¥1,000だけ頂戴しました。
樋口商店https://musica-guitar.com/guitarstock1.html
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/

ギターランキングおおきにやで〜
posted by まさのり at 18:26| Comment(0) | ギターリペア