2021年01月22日

カラムーチョを食べながらべサメ・ムーチョを練る。

お疲れ様です。本日もたくさんのアクセス、誠にありがとうございます。おかげさまでブログランキングの順位も上がって参りました。ひとえに皆様のポチっとクリック活動の賜物でございます。
 帰ってからなめてかかってたべサメ・ムーチョをこねくりまわした。ギターという楽器は異弦同音がたくさんありますので、ポジショニングに悩みます。ボルダリングに似ている。
20210122_221149.jpg
カラムーチョを食べながら。(`・ω・´)運指も決まって後は撮影するだけだ。

20210122_101811.jpg
明日の午後には撮影できそうだ。このアンプの音をお伝えできればと思います。欲しい!
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/

ロック・ポップスランキング←いつもすいません。ポチッとお願いします。
posted by まさのり at 23:05| Comment(0) | エレキギター

爪を噛んでいいのは左手だけ。

皆さま、ごきげんよう。ギター教室を探してここへたどり着いたのか、元々このブログを読むのが日課になっているのか。こちらにはまったく見当もつかないのですが、アクセスはフツーのオッサンにしては多いんじゃないでしょうか。樋口昌紀です。<(_ _)>
 そういえば、僕が退院した時、看護師さんが「爪を切るのを忘れるほど悩んでらっしゃったんですね。」とおっしゃった。本当の所、もうギターは辞めようと思っていたのに爪を伸ばす癖だけ残っていただけである。(ちなみに爪切りは看護師さんに申し出なければ使えない。使用できる時間も限られている。)
20210122_184929.jpg
僕は爪を噛むクセがあった。ギターをはじめてから、自然と噛まなくなった。ま、特にクラシックギターの世界では爪は重要なパーツなのである。楽屋では皆、シャカシャカ爪を研いでいる。紙やすりの2000番まで磨き上げるのだ。これには「鉄の爪」と言われたフリッツ・フォン・エリック氏もびっくりである。
ダウンロード (58).jpg


 
 さて、そんな大事な爪が割れたら大ごとである。いつもの曲が弾けないのである。そんな時は着け爪をして難を逃れるのである。
20210122_184025.jpg
アリアのネイルキット(樋口亜沙子所有)
20210122_184030.jpg

20210122_213038.jpg
中身です。爪ヤスリ、両面テープ、つけ爪、紙やすりなど。
僕はもうそんなセンシティブな世界にいないので、割れようが何しようがあんまり気にならない。でも不思議と割れない。価格は¥2,400ほど。クラシックギターをするなら、持っておいて損はないと思う。
本日も最後までお読みいただき、感激であります。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/

大阪府ランキング←ポチッとありがとうございます。<(_ _)>
posted by まさのり at 18:58| Comment(0) | クラシックギター

「ギターをなめるな!」と僕は言いたい。

ごきげんよう?今日は雨。雨には雨の良さがある。本日も当ブログへアクセスいただき誠にありがとうございます。樋口亜沙子クラシックギター教室は通常通り開講しております。
 さて、そんな雨の中、僕はギターアンプの紹介YOUTUBEを撮るために、ギターを持って教室に行きました。許された時間は約1時間半。ササっとキャメラを接続して、アンプの電源を入れる。ジュワワワ〜ン。ごっついいい音がする。ギターはもちろんマーキャスター。今回はべサメ・ムーチョをエレキギター1本で弾こうと決めていました。でも、楽譜を見るのは久しぶり。
20210122_122555.jpg
何度撮ってもOKが出ない。(自分的に)開放弦を使うのか押弦で行くのか、そんな事も考えていなかった。しかもコードも同時に弾かなきゃならない。焦る心、10テイクほど撮って気づいた。「俺、何も練習してきてへんやん。」ここでタイトルの「ギターをなめるな!」となるのである。
20210122_101803.jpg
アンプは悪くない。というかチューブアンプですごくいい音がする。しかし、それをお伝え出来ない。自分の準備不足でしかない。冷たい雨が降っていた。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/

ロック・ポップスランキング←現在2位。感謝<(_ _)>
posted by まさのり at 15:39| Comment(0) | エレキギター