2021年01月30日

久しぶりのギターリペアブログ。

ごきげんよう。毎度、失礼します。わたくしの過去などどうでもいいのでして、今回はこのブログの本来の形でもあるギターリペアの記事です。ギターはマーチン000C-16GTというモデルです。
20210130_171048.jpg
サドルいっぱいまで削ってビビりが出ておりました。それを松原さんは、ブリッジを削る事で問題を解消しました。

20210130_171054.jpg
ご覧のようにサドル高が出ています。

20210130_171103.jpg
ピックアップバランスもチェック調整しています。弾いてみた感想。このギターの本来の鳴りが戻ってます。弦高も低くてむっちゃ弾きやすい。気になるお値段は¥8,800です。いいんですか、こんなに安くて。。松原マジックです。ギターのリペアなどでお困りの方、ぜひ一度ご相談ください。
樋口亜沙子クラシックギター教室リペア部門https://musica-guitar.com/

ロック・ポップスランキング←ポチッとお願いします。<(_ _)>
posted by まさのり at 19:34| Comment(0) | ギターリペア

たのしいギターのおけいこ。

皆さま、ごきげんよう。毎度ありがとうございます。筆者樋口昌紀です。マサノリと読みます。なにとぞよろしくお願いいたします。
 さて、土曜日は樋口亜沙子クラシックギター教室の一番忙しい日です。朝から夕刻まで、ギターを楽しみに生徒さんたちが来てくれます。そうなると2人の子どもの面倒をみるのは私になります。必ずやるのがギターの練習。最近は拒否反応もなくスラスラ弾いてくれます。
20210130_161610.jpg
この本と曲集を使用しております。しっかり弾くと大人でも間違えるところもあります。

20210118_195248.jpg
ギタリストにならなくていいから、ギターは続けて欲しいな。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/

大阪府ランキング←本日もポチッとお願いします。<(_ _)>
posted by まさのり at 16:28| Comment(0) | クラシックギター

2021年01月29日

青春ノイローゼ

あなたはノイローゼ(神経症)になった事があるだろうか?ノイローゼを見たことがあるだろうか?パニック障害になった事があるだろうか?うつ病になった事があるだろうか。よくよく考えれば俺は全部コンプリートしている。そしてまだどれも終わっていない。なんの血が流れてこうなったのか、両親に聞いても分からない。兄弟は理想の人生を力強く歩いている。俺はこの世の負をすべて背負わされたかごとく、その足取りはおぼつかない。「同情するなら金をくれ!」とも言えない。真に同じ苦しみを知らなければ金をもらっても嬉しくはない。俺の高校卒業文集のタイトルは「ブルーにこんがらがって」だ。まだ童貞だとか、彼女が出来たとか、アメリカ村に行くとか、皆一様に楽しんでいるように見えた。俺はノイローゼの入り口に立っていた。

「ブルーにこんがらがって」はこの歌からパクった。1976年のパフォーマンス、俺の生まれた年だ。英語なんか分からない。でもこの曲は好きだった。こんなに鳥肌の立つような世界がある一方、俺の現実は漢字の小テストだ、単語帳だ、赤本だ、受験だ。まさしくブルーにこんがらがっていた。こんなに勉強が嫌いなのになぜまた4年間も学校に行くのか。解せない。でも流れに飲み込まれてしまう自分が嫌だった。だから大学に入ったら、好きな事だけしようと思っていた。ところが一人の入学式、また教科書を買わされる。この時点で俺は選択を誤ったと悟った。「働けば良かった。ならブルースも歌えたろう。」結局、大学には半年くらいしか行ってない。続く
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/

ロック・ポップスランキング←ポチッとお願いします。<(_ _)>
タグ:高槻市
posted by まさのり at 22:23| Comment(0) | 日記