2020年12月13日

真っ先に思いついたのはジャギ。ギブソンネック折れ。

ご来訪いただき、誠にありがとうございます。ちょっとした勇気でいいんです。コメントあると嬉しいズラ。
 さて、今回はギターのネック折れでございます。ギブソンやヘッド角のあるギターは倒しただけで簡単に折れます。レスポールは自重があるので、まず、折れます。「は!オラやっちまっただ。」とネックを折ってしまった時は、まず患部を触らず、プロのリペアマンに任せてください。今回のギブソンレスポール、僕が見た瞬間に思った事、心の中でツッコんだのは「ジャギ」
20201213_104645.jpg
正面は大丈夫です。

20201213_104651.jpg
かなり危なそうです。

20201213_104721.jpg
わお〜わおわお。オーマイガット。覆水盆に返らず。チーン。んん、どこかで見たぞこの光景。
北斗の拳では雑魚扱いのジャギ様(個人的には好きです。)じゃないですか!
ダウンロード (52).jpg
こんな人です。

ダウンロード (53).jpg
この素顔と今回のギブソンの破損個所が酷似しているではありませんか。破損個所はボンドがこれでもかとてんこ盛り。今回はフレットも交換します。松原さんの職人技で本来の鳴りを取り戻し、別人のようになって返ってくるでしょう。ジャギは自分をケンシロウと呼ばせた、いわばパチモンですが、このギターは正真正銘Gibsonギブソン。これだけの傷を負っても放つオーラは本物である。
樋口亜沙子ギター教室リペア部門https://musica-guitar.com/

ロック・ポップスランキング
posted by まさのり at 11:38| Comment(4) | ギターリペア