2020年04月28日

不思議な不思議なこのブログ。

いや、ほんまに。ご訪問ありがとうございます。有名人でもないただのオッサンのブログにこんなにたくさんの方が訪れてくれているなんて。ほんとに不思議で不思議で。でも嬉しい。誰かの役に立ってるのかなって、生きてていいのかなって。僕は一人で生きて行かなアカン。それが自立やと思っていたけど、自分のために生きれば自然と他人のために生きてる事になってるんやな。僕はブログ書くの好きや。好きな事してるだけ。それを喜んでくれる人がいる。それだけでええのや。
IMG_20180819_112543.jpg
さ、そろそろギターの練習します。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 22:32| Comment(0) | 日記

人と違った事がしたかったんだ。

またまた。まいどあり〜、「どうでもええけど、ひぐっさんずっとPCの前におるんと違うか。」とそろそろ聞こえてきそう。そうPCの画面を譜面台にして時にギターの練習、時にブロガー、時にユーチューバーとして毎日を過ごしております。子供の楽器の習い事、女子ならやっぱりピアノが定番ですよね。でも「人と違った事がしたい。ギターがしたい。」そんな女の子もいるんです。ぜひ、男の子もびっくりするようなかっこいいギタリストになってください。
ダウンロード (20).jpg
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 22:01| Comment(0) | 日記

好きなものは好きと言おう。

ま、まいどあり〜。度々のご訪問、感謝感激雨あられ。筆者樋口昌紀です。わたくしの通っていた高校は中高一貫の進学校でした。もちろん僕は落ちこぼれてどうしようもなかったのですが、卒業するとき音楽の先生が英語で「素直さが一番強い」的な事を言ったのです。進学校だと音楽、美術はおまけもおまけ。受験に関係ない科目は誰も重きを置いていないので、その音楽の先生の存在感のなさったら。でも、その言葉だけは妙に心に残った。今でも残っている。好きなものを好きだと言える。好きな人に好きだと言える。これほどしなやかで強いものはないと、中年オヤジがPCを前にしてアツくなっているのである。

これからの人生もっと素直になろう。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 21:43| Comment(0) | 日記

クラシックギター曲は時間がかかる。

こんばんは。樋口昌紀のブログ、またもや過去最高の訪問者数を記録しました。ありがとうごぜぇますだ。さて、クラシックギター曲はあまり知られていませんが長い曲も多いのです。さて、この曲を弾くぞと思って練習にとりかかってひとまず一通り弾けるようになって、第1段階、人前で弾きます。わたくしがお世話になった木村ギター教室では月に1回人前で弾くので、微調整しながら曲を温めていきます。YOUTUBEにUPするのも良いと思います。完成までに1年くらいはかかるかと思います。
IMG_20200428_201541.jpg
歌手が持ち歌を歌い続けるかのように、クラシックギター曲も弾き続ける事になるのです。そうして熟成してくるんですね。その過程がまた楽しかったり、苦しかったりするわけですよ。はい。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
ご質問は→higuchi.masanori@ivory.plala.or.jpまでお気軽に。
posted by まさのり at 20:27| Comment(0) | クラシックギター

ご質問いただきました。「音楽理論って必要なんですか?」

こんばんは。こちら大阪府高槻市沢良木町16-45シャルム沢良木、樋口亜沙子ギター教室より発信しております。わたくしギター弾き始めてもう30年。どこからどこまでが音楽理論か分からないけど、ジャズミュージシャンにならない限り普通にやっていけると思います。まず書いてあることをそのまま弾くってだけでも大変なので、そっちに注力しましょう。そのうち、このコードの時これがよく出るなぁとか、なんとな〜〜く大体こうなるな。というのが分かると思います。一番よくないのは変なコンプレックスを持ってしまう事です。人間必要なものは身に着くように出来てる気がします。
ダウンロード (19).jpg
全ての音楽理論をマスターしても他の人と合わせたり、聴く人を感動させられなかったら無用の長物。本だけ読んでも何の役にも立ちません。自分の音楽に必要なのかどうか、よく考えてみて下さい。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 19:06| Comment(0) | クラシックギター

ご質問いただきました。「どれくらいで弾けるようになりますか?」

この度は、当ブログにご訪問いただき誠にありがとうございます。筆者としてこれ以上うれしい事はありません。どうぞこれからも、ちょっとした時間にのぞいてみて下さい。<(_ _)>
 さて、この質問。分かりますよね。ギターをやって来たので聞きませんが、何もやってなければ聞きたくなってしまうかもしれません。楽器の習熟は山登りに似ています。山頂ははるかかなた、とてもたどり着けるとは思えない。「やっぱりやめよう」と思うのも無理はありません。一方で「仕方ない」とはじめの一歩を踏み出す人もいます。登山は山頂に登る事だけが目的ではないはずです。一歩一歩、変わる景色、澄み切った空気、自分との対話。登頂以外にも楽しみはいっぱいあってそれをかみしめるように歩を進める。自分のペースで。
ダウンロード (18).jpg
本当に楽器に似ている。憧れの楽器、弾きたい曲ははるかかなた。だけど、はじめの1音を出すより仕方ない。ま、何が言いたいかといいますと憧れの曲を弾くのも魅力的ですが、1音1音に魂を込め自分と対話しながらその過程を楽しんでほしいし、きっと楽しめると思います。なのでご質問の答えは「今すぐ」ですね。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 16:18| Comment(0) | クラシックギター

夢ってありましたか?その夢は叶っていますか?なんや新興宗教みたいですか。気持ち悪いですね。いきなり夢の話なんて。僕は画家か漫画家になりたかったクチです。
IMG_20190212_135519.jpg
今でもたまに描きます、去年は4コマ漫画をいっぱい描いたなぁ。いまはこのブログを書くのに精いっぱい。ま、夢は叶わなかったのですが、とはいえ人間やりたい事やってるように思います。僕は結局、ギターの仕事とこのような文章を書く仕事に恵まれたわけで。
 で、娘も漫画ばっかり描いてるんですよ。暇をみつけてはアニメを描いていて小学3年生になったばかりにしては上手いんじゃないかと。親バカですかね。
IMG_20200427_192056.jpg
俺より才能があるのは間違いない。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 14:30| Comment(0) | 雑記

ご質問いただきました。「ギターの弦はゆるめておいた方がいいのですか?」

はい。なんか電話相談みたいになってきましたが、一体この質問はどこからやってくるのでしょう。いいんです。分かる範囲で答えていきたいと思います。
 この弦を緩める、緩めないは朝まで生テレビ、田原総一朗さんに仕切ってほしいところでございます。まず、1番大事なのはギターの剛性でしょう。もし段ボールで出来たギターや内部の補強力木をはずしたギターに弦を張ってチューニングすればギターは必ず変形します。バスウッド、割りばしみたいな木で出来たネックも同じように変形するでしょう。なのでそのギターの剛性と張る弦の張力を考えて適切な対処をするのが望ましいかと思います。なんでもかんでも緩めていてはチューニングが面倒くさいし弦が切れる原因になります。よくわからないときは詳しい人にみてもらって判断すべきだと思います。しかしながらレギュラーチューニングで変形するのはギターとしてダメかもしれません。
DSCF3034.JPG
ベースギターなどはネックが長いのに張力が強いので一番反りやすい条件がそろってしまいます。少し緩めたほうが良いかもしれません。(ベース弦は切れにくいですし。)
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
ご質問はこちらまでhiguchi.masanori@ivory.plala.or.jp
posted by まさのり at 13:11| Comment(0) | ギターリペア

ご質問いただきました。「どんな教本を使えばいいのでしょうか」by初心者

こんにちは。毎度ありがとうござまいます。樋口昌紀でございます。ご質問はっと。。教本の話ですね。それではいきなりお勧めの本を紹介します。
IMG_20200428_124847.jpg
これです。ドレミ出版、¥1,600+税です。全部で159ページあります。この本をとばさずに学習、練習していけば、弾き語りはもちろん、音楽理論、読譜、最後はなんとアルハンブラ宮殿の想い出まで弾けてしまいます。これ画期的な教本です。これに一人の先生がつけば鬼に金棒。あなたは知的で時にロック、時にクラシカルなギタリストになれるのです。教本はあれこれたくさん買ってもなかなか全部練習しないものです。この1冊をコンプリートすること。グッドラック!!
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 12:54| Comment(0) | クラシックギター

ギターの買い方あれこれ。

はじめまして、樋口亜沙子クラシックギター教室HP、販売担当の樋口昌紀です。本当にたくさんの読者の方に感謝いたします。昨日はムジカ時代を含め過去最高の訪問者、アクセス数を記録しました。
 さて、そんなこんなでまた本日もご質問にお答えしてまいります。「ギターってどうやって買えばいいのでしょうか?」by初心者。という質問です。大きく分けて4つの方法があるかと思います。
@実店舗に行って買う。
Aネットで買う。
B中古で買う。(オークション含む)
C教室の先生に用意してもらう。
それぞれに、メリット、デメリットがありますから書いていきますね。まず@実店舗、これ数が多すぎてわけわかんないかもしれません、結局店員さんの言われるがまま。でも新品なので保障やアフターは安心ですね。次、Aネットで買う。ネットはとにかく安いです。でもそれだけです。万一不良品が届いた時の煩雑なやりとりは非常に疲れます。B中古、オークションで買う。これはある程度、知識がないとまともなギターは買えないと思ってください。意外と送料が高く初心者にはハードルが高いです。C先生に用意してもらう。これは1番安心ですが先生が手数料としていくらか抜いている場合があるので値引きはあまりありません。といって初心者が買うギターですから抜きたくても抜けませんよね。30万、50万クラスのギターをバンバン売る先生なら懐は暖かいでしょう。
以上駆け足にて、説明して参りました。ギター購入の参考になればこれ幸いでございます。
IMG_20180612_095533.jpg
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 12:42| Comment(0) | 日記

ギターの修理・リペアは引き続きお受けいたします。

高槻市沢良木町、松原小学校すぐとなりの樋口亜沙子ギター教室からお伝えしております。ミドリ楽器、MUSICAムジカ、再度ミドリ楽器とずっとギターのリペアを請け負って参りました。樋口亜沙子ギター教室では主にHP、ブログを担当して参りましたが、退院から2ヶ月経ちまして体調も落ち着いている事からギターリペア受け付けを開始いたします。
IMG_20190301_140153.jpg
リペアは変わらず松原工房さんにお任せしております。

IMG_20190826_140129.jpg
気が付けば長いお付き合いです。エレクトリック、アコースティック、その他弦楽器、リペアします。どうぞお気軽にご相談ください。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 00:56| Comment(0) | ギターリペア