2020年04月26日

ご質問いただきました。「私、楽譜が読めません。」

ほんっとにたくさんのご質問ありがとうございます。それだけたくさんの方に読んでいただいているという事ですよね。こんな、何の学歴も実績もないオジサンのブログにご訪問いただき誠にありがとうございます。
 さて、ご質問の内容は楽譜が読めないって事ですが、大体普通なら「皆さんはじめは初心者です。あせらずじっくり学んで行きましょう。」というような答えが返ってくるかと思うんです。でもそんな答えもう想像つくし、それ言われても何にも響かへんでしょ。
 実際、目の不自由な方も音楽や楽器を愛好されていますよね。全盲であってもものすごいピアニストもいますね。楽譜は視覚情報です。便利なメモみたいなものです。結局は耳で覚えて行きますので、楽譜は読めなくてもなんとかなるんです。
IMG_20200423_230234.jpg
あなたに視力があるなら尚良しって事です。体全身で楽器を弾きましょう。

PS 質問はコメント欄やメールhiguchi.masanori@ivory.plala.or.jpでお気軽に。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 17:47| Comment(0) | クラシックギター

3流ギタリストならではの芸当。

本当に家にいる事が多くて困ってしまう。皆様に少しでも楽しんでいただければ幸いでございます。わたくしは楽器屋の次男に生まれました。楽器屋なんてよっぽどの音楽好きがやってるんだろうなと思われるかもしれませんが、うちの親父は別に音楽愛好家でもなく何かのプレイヤーでもなく、ピアノ調律が出来るわけでなく。。一体何やねんって、そら営業マンですわ。多分ピアノでも冷蔵庫でも売れたらいいんですわ。家にピアノもなかった。楽器は習わされたけど好きじゃなかった。ギターは能動的にはじめた楽器だけど、当然、天賦の才があるわけもなく一言われたら一しか分からないごくごく平凡なプレイヤーである。なので、英才教育を受けたバリバリ君とかにはすごい劣等感を感じて来たわけです。しかし、利点もあると思ったのはごく最近。俺みたいな3流は何やってもいいんだって気づいたんです。

こんな事、一流クラシックギタリストには出来ないだろう。ぬははは。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 17:19| Comment(0) | 日記

おれたちゃユーチューバー。樋口亜沙子編。

今日は日曜日、曇り時々晴れ。ご訪問いただき誠にありがとうございます。高槻市にある小さなギター教室から発信しております。お家にいようという事なので動画を撮っています。

この曲も初級の人気曲でやっぱり、習い始めて半年〜1年で弾く曲です。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 14:44| Comment(0) | クラシックギター

再度ご質問いただきました。「アンドレ・ザ・ジャイアントって誰ですか?」

はい。新しい靴を買うと次の日が必ず雨の樋口昌紀です。このようにご訪問していただき誠にありがとうございます。一体どんな方が読んでおられるのでしょうか?そうです。アンドレ・ザ・ジャイアントを知らない方も読んでいるんですね。
images (7).jpg
はい。アントニオ猪木が身長191cmですね。
ダウンロード (11).jpg
人間山脈、一人民族大移動など異名をとったプロレスラーです。

images (8).jpg
この人はもちろん手も大きいでしょうが、ギターに何か関係ありますかね。ぜひご自身の手に自信をもって諦める事なく創意工夫でギターを弾きましょう。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 14:28| Comment(0) | クラシックギター

ご質問いただきました。「私、手が小さくて。」

出た〜〜〜〜〜!って感じの質問ですね。これって僕ミドリ楽器時代にも書いてますね。記事です。でも本当に多い質問なので、ここでもう一度検証してみたいと思います。まず論より証拠ですね。

いかがでしょうか。左手も簡単な曲ではありません。この方の身長は150cmほどだと思います。実際コンサートに行かれて握手された方の感想がありました。ブログ記事です。
手が小さいとおっしゃる方のほとんどはネックを握ると思っておられるようです。
images (5).jpg
このようなギターもあります。これじゃ、アンドレ・ザ・ジャイアントでも握れません。つまりギターはネックを握って弾かないという事です。んん〜〜言い方を変えると握らなくても弾けるって事です。あなたの手がどんなに小さくてもギターは弾けます。以上。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 13:43| Comment(0) | クラシックギター

オンラインレッスンで気づかされる事。

毎度ですぅ。今年中には80年代ファッションに身を包みたい樋口昌紀です。
 本日も松島先生とオンラインレッスンをする娘たち。他の家族も交えて弾くのを聴いたり、披露したりしていました。
IMG_20200426_103544.jpg

IMG_20200426_104439.jpg
小さい子なんかは特にそうですけど、お母さんも一緒に参加しないとなかなか弾けるものではありません。ギターは大人になってからでも弾ける楽器です。ぜひお子さんの伴奏を弾いてあげてください。そういった意味で樋口亜沙子ギター教室では親子割引レッスンも検討しております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 12:34| Comment(0) | クラシックギター

ご質問いただきました。ギターの弦、おすすめは?

はい。こんにちは。毎度お越しやすぅ。痩せない樋口昌紀です。今回はご質問いただきましたので、率直に独断と偏見ありき、反論覚悟でお話を進めて行きたいと思います。まず「弦なんかどれ張っても一緒や。」という方がおられたらこう言いたい。じゃあ、タコ糸張ってもいい音するんですか?
images (1).jpg
はい、アコギの弦たくさんありますねぇ。どれがいいのかさっぱり分かりませんわな。なので、率直にわたくしの好きな弦を推し弦を。
まず、エリクサー。値段は高いけど確かにいい弦だと思います。「高すぎる。」という方にはダダリオのフォスファーブロンズがいいように思います。あとの弦は特に張る気になりません。

images (2).jpg
エレキもいっぱいありますね〜。僕はエレキはエリクサー嫌なんですよ。完全に好みですよ。あとダダリオもダメです。オイリーでオクターブが合わない時があります。やっぱりアーニーボールが最高です。はい。安いし。

images (4).jpg
はい、クラシックギター弦ですね。僕は断然サバレスです。音色、タッチ、耐久性すべて優です。有名なオーガスティン、劣化が早すぎます。張ってから1週間くらいで変色します。ダダリオははじめからしんなり湿気ってます。劣化も早いですよ〜。

まとめますと、アコギはエリクサー、エレキはアーニーボール、クラシックはサバレスとなりました。ついでに絶対に張ってはいけない弦もお伝えしておきます。
ダウンロード (7).jpg
S.Yairi弦。はじめから死んでます。ゴワゴワしてます。

ダウンロード (8).jpg
ヤマハエレキ弦、なんかオイリーです。やたら1弦が切れます。普通アーニーやダダリオで切ったことなどないのにこれはたまに切れます。低音弦もまったく元気なし。

ダウンロード (9).jpg
松岡クラシックギター弦。このゴワゴワは何なんでしょう。ギターの鳴りを最大限に弱めてくれます。
ダウンロード (10).jpg
あとこのヤマハ弦も嫌いです。まったく弾く気になりません。やる気あるぅ?って弦に聞いてしまいます。
 以上、ご質問にお答えいたしました。全部使ってみての個人的な感想ですから、参考程度にしかならないと思いますが、何かのお役にたてれば幸いでございます。
樋口亜沙子クラシックギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 11:17| Comment(2) | ギターリペア

めっちゃすごい人っておるんやなぁ。

こんばんは、こちらは深夜1:28 キャラメルコーン食ってしまったし。やっぱり食べてるやん。以前、天才山下和仁さんの動画UPしたやないですか。この記事ですわ。ほんでも、2、3日して「ほんまに山下さんのすごさが伝わってるのか」ちょっと気になって、いろいろとYOUTUBEを散策していたら、もちろん山下さんのアランフェス協奏曲もあって、それはそれは素晴らしい演奏だったのですが、なんか一緒に変な外国人のサムネイルがあって、ちょっと押してみたんですわ。びっくりしました。こんなすごい人がおったとは。。とりあえずどうぞ。

この方はDr.キャピタル先生といって音楽教授らしいのですが、たくさんのJ-POPを分析して演奏してくれます。この人もまた天才ですよね。いや〜〜〜びっくりしたわ。あ、山下さんのアランフェス協奏曲はまた今度。
樋口亜沙子ギター教室https://musica-guitar.com/
posted by まさのり at 01:43| Comment(0) | 日記